marriageR

結婚指輪・婚約指輪に関するお役立ち情報を
満載してお届けする情報サイトです。

Van Cleef & Arpels

ヴァン クリーフ&アーペル

一覧に戻る

                <p class="text_inbox">
                1906年、フランスのヴァンドーム広場にブティックを構えたヴァン クリーフ&アーペル。
                ブランドテーマは「愛・美・夢」とされ、女性の永遠のテーマを盛り込んだジュエリーは
                ロマンティックで繊細。
                花や蝶など、自然をモチーフとした作品も人気が高く、そのエレガントさで、多くの女性たちを魅了しています。
                </p>
                <h3 class="content_ttlname">ヒストリー</h3>
                <p class="text_inbox">
                その歴史は、創始者のふたり、エステル・アーペルとアルフレッド・ヴァンクリーフが
                結婚したことから始まっています。
                結婚を機に、創始者のヴァンクリーフはエステルの兄弟たちとパートナーシップを組み、
                1906年にブティックをオープン。
                イラン王妃戴冠式用のクラウン、モナコ公国のレーニエ大公がグレース・ケリーに
                贈ったジュエリーなど、さまざまなジュエリーを手掛け、世界のセレブリティから
                愛されてきました。
                </p>
                <h3 class="content_ttlname">デザイン</h3>
                <p class="text_inbox">
                創始者のひとり「エステル」の名前を冠したデザインは、小さな丸いビーズを
                いくつも連ねた繊細で上品なデザインとして人気が高いデザインです。
                また、爪を見せずにダイヤモンドを留める「ミステリー・セッティング」は、
                ヴァン クリーフ&アーペルの特許技術として認められています。
                </p>

一覧に戻る