marriageR

結婚指輪・婚約指輪に関するお役立ち情報を
満載してお届けする情報サイトです。

結婚指輪のデザイン

挙式、あるいは入籍の際に「永遠の愛の誓い」をかわすために贈りあうのが、結婚指輪。 毎日つける方が多く、目にする機会も多いだけに、納得のいく指輪選びをしたいものです。


代表的なデザイン

結婚指輪のデザインで代表的なものは、大きく分けて3種類。まずは、
それぞれのデザインについて紹介します。

ストレートライン
リングのアームが真っ直ぐなストレートのデザインです。シンプルなストレートラインは、一般的に誰にでも似合うデザインで、
バリエーションも豊富。オーソドックスで飽きがこないこと、流行りすたりがないことが
毎日つける結婚指輪として選ばれやすい理由です。
個性を出したい場合は、太さにこだわったり、ダイヤをセットするのもオススメです。
V字ライン
手の甲へ向かってV字形をしたアームを持つデザインです。縦のラインを強調するため、指を長く細く見せる
効果があるのが人気のポイントです。
同じV字ラインでも、幅やV字ラインの角度によって印象が変わります。
ウェーブライン
S字ライン、U字ラインなどウェーブを描くアームを持つデザイン。大胆なデザインではありますが、
指を細く見せる効果があり、曲線が手になじみやすいのが人気の理由です。
ウェーブライン
S字ライン、U字ラインなどウェーブを描くアームを持つデザイン。大胆なデザインではありますが、
指を細く見せる効果があり、曲線が手になじみやすいのが人気の理由です。

リングの形状と幅(太さ)

結婚指輪のデザインで代表的なものは、大きく分けて3種類。まずは、
それぞれのデザインについて紹介します。

形状
リングの形状と幅も、おさえておきたいこだわりポイント。リングの外側の表面の形状としては、フラット(平ら)、ラウンド(丸)、
その中間のセミラウンドがあります。
つけ心地や好みによってチョイスする部分ですが、一般的にフラットなものは、カジュアルな印象を与えるものが多いようです。
また、リングの内側は、内甲丸といって肌になじみやすい形状になっているものがほとんどですが、
つけ心地は、個人によって好みがあるもの。
実際にいくつかのリングをつけくらべてみて、納得のいくつけ心地のものを選ぶのがオススメです。
幅が太いものはゴージャスで存在感があり、幅の細いものは繊細でフェミニンなイメージがあります。
一般的には、指が太めの方はリングにある程度の太さがあったほうが指が細く長く見えますし、
指の細い方が太すぎるリングをつけるとボリューム負けしてしまうといわれます。
大切なのは、実際につけてみて、自分の指がどう見えるかを必ず確認することです。リングをつけた手を眺めるのはもちろん、
全身とのバランスもチェックしておくとより失敗が少なく、オススメの方法です。

ダイヤモンドの有無


最近のトレンドともいえるのが、毎日つける結婚指輪にこそダイヤモンドを入れる、という選択。
小さなダイヤをひとつだけセットするデザインから、同じサイズのダイヤをアームにぐるりと留めた「エタニティ」まで、種類はさまざま。

ダイヤの数やセットする場所によって印象が変わるので、ダイヤモンドの輝きを生かせる、
自分だけのデザインを探したいですね。

結婚後、最も活用頻度が高い(毎日つける)のが結婚指輪。それだけに、実用性を考えるのも大切なポイントです。
華やかで美しいリングであっても、ダイヤモンドの目立つリングは何かにひっかけたり、
何かをキズつけてしまう恐れもあります。

また、現在の好みや流行りだけでなく、何年たっても飽きのこないデザインであるか、
歳をとっても似合うデザインであるか、を考えて選ぶことも大切です。