marriageR

結婚指輪・婚約指輪に関するお役立ち情報を
満載してお届けする情報サイトです。

よくある質問

結婚指輪・婚約指輪の相場はどれくらいですか?

以前は「婚約指輪は給料三か月分」などといわれていましたが、
結婚情報誌「ゼクシィ」によると、現在、婚約指輪は30~40万円がもっとも多い購入ゾーン、
結婚指輪は二人分で21万円が平均購入金額となるそうです。
傾向としては結婚指輪の平均購入金額は年々増えており、毎日つける結婚指輪を重視するカップルが多いようです。

また、婚約指輪でも普段づかいできるカジュアルなものを選ぶカップルや、 婚約指輪と結婚指輪を兼ねて華やかな指輪を選ぶカップルも多く、相場に縛られず さまざまな選択をするカップルが増えています。

トップに戻る

いつまでに準備すればいいですか?

婚約指輪は「両家の顔合わせの日までに」、結婚指輪は「結婚式までに」というのがひとつの目安です。
デザインにもよりますが、オーダーしてすぐに受け取れるものはほとんどなく、
遅くとも受け取りたい日の2~3か月前には選んでおくのが無難です。

また、仕上がりを確認して何かあったときのことを考えると、余裕を持ってセレクトしたいですね。
特にデザインから描き起こすフルオーダーを考えている方は、オーダーから納品まで
時間がかかりますので、なるべく早く指輪選びを始める必要があるでしょう。

トップに戻る

金属アレルギーの場合は?

金属アレルギーがあるけれど結婚指輪をつけたい・・・という方は、一度皮膚科で
パッチテストを受けてみることがオススメです。

シルバーはNGだけどプラチナはOK、という方や、ステンレスならOKだったので
ステンレスのリングを結婚指輪にした、なんて方もいらっしゃいます。
ただ、パッチテストの結果は絶対ではありませんので、しばらくつけて様子をみてみる、
など慎重に選びたいですね。

トップに戻る

ダイヤモンドの4Cはどれにこだわるべきですか?

4Cはひとつだけ突出しているものよりは、グレードのバランスの良いものが比較的オススメです。
というのも、カラットにこだわって他にこだわらなければ、ダイヤモンドが大きいだけに
他の「C」の質がかえって目立ってしまうこともありますし、クラリティにこだわっても
小さなダイヤモンドではさほど違いがわからないことも多いからです。

あくまで4Cは、基準のひとつ。参考程度にチェックしながらも、最終的には自分が
美しいと思えるものを選ぶのが一番良い方法です。

また、希望のシェイプやリングの地金によって、セレクトに注意が必要なこともあります。
たとえば、エメラルドカットのダイヤモンドを選ぶ場合、面が比較的広く
ダイヤモンドを見通しやすいため、クラリティにこだわる方が多いようです。

また、ゴールドの地金を選んだ場合、多少ダイヤモンドにゴールドの地金が
写りこむため、ダイヤモンドのカラー(透明さ)にこだわってもそれほど意味がないかもしれません。

トップに戻る

個性的なデザインは避けたほうがよいですか?

最終的には、ふたりが納得して選んだものをつけるのが一番愛着がわきますので、 ふたり独自のセレクトでいいと思います。

実際に、個性的なデザインの結婚指輪をセレクトしたカップルもたくさんいらっしゃいます。
ただ、結婚指輪は「10年後でも20年後でも変わらずに愛着を感じられそうなもの」を選ぶのが基本。

今後、年齢を重ねた自分にもぴったりか?という視点を持ったうえで選ぶことが必要となるでしょう。

トップに戻る

少ない予算でゴージャスな指輪を手に入れる方法は?

たとえば、ソリテールの婚約指輪を選んだ場合は、ダイヤモンドのクオリティが見た目に
直結するため、少ない予算でゴージャスに・・・というのは難しいかもしれません。

ですが、たとえばセンターストーンをやや小ぶりにしてメレダイヤを添える、
小ぶりのダイヤモンドでさまざまなシェイプをつくるクラスタータイプでデザインを選ぶ・・・など、
デザインの工夫でボリュームや華やかさを出すことは可能です。 また、地金をゴールドに変える、などの方法も可能ですね。

希望のボリューム感と予算を伝えれば、相談に乗ってくれるお店は多いはずです。
担当の方に希望を伝えてみると、きっとさまざまなデザインを提案してくれるお店もあるでしょう。

トップに戻る

彼と好みが合いません。結婚指輪のデザインはそろえるべきですか?

実際には、それぞれが好きなデザインを選ぶカップルも少数派ですがいらっしゃいます。
片方が好きなデザインに合わせて購入し「結局気に入らずつけなかった」ということを
避けたい方のなかに、別々のリングを選ぶ方もいる・・・というところでしょうか。

多数派としてはやはり同じブランドの同じデザインの指輪を選ぶ場合が多いです。
それらの中間で、「同じブランドで別々のデザイン」「同じ形で幅が違う」「同じゴールドで
シェイプは違う」・・・など、どこかに共通点を持たせた指輪を選ぶカップルも多くいらっしゃいます。

基本的には、ふたりが納得して選ぶ指輪ならそれでいいと思いますが、どこか共通点を
持たせたい、というなら、フルオーダーを選ぶという選択も。

それぞれの好みを生かしつつ、どこか共通点が感じられるデザインをオーダーし、
デザインから描き起こしてもらう、というのもひとつの方法です。

トップに戻る