marriageR

結婚指輪・婚約指輪に関するお役立ち情報を
満載してお届けする情報サイトです。

ダイヤモンドの選び方

現在はさまざまなデザインリングを婚約指輪とするカップルも増えていますが、 婚約指輪の主役はなんといってもダイヤモンド。
ここでは、ダイヤモンドの選び方について紹介します。

4C-ダイヤモンドの質をはかる尺度

ダイヤモンドの品質は4Cで表現されます。 4Cとは、カラー:COLOR、カラット:CARAT、クラリティ:CLARITY、カット:CUT の頭文字を取ったものです。 「4つのC」は世界的な鑑定基準があり、ダイヤモンドはその鑑定基準にそってグレードが決められています。 ダイヤモンド選びの際には、必ず押さえておきたいポイントですね。
では、それぞれの「c」について、詳しく説明します。


カラー:color(色)
カラーはダイヤモンドの色のこと。 ダイヤモンドは無色透明、という印象を持っている方も多いと思いますが、 天然のダイヤモンドは完全な無色から薄い黄色まで自然の色がついています。
そのグレードの表し方は、ダイヤモンドの頭文字「D」を、最高色の無色透明として、 E、F、G、H・・・とアルファベット順に徐々に黄色みが増していき、Zまであります。
無色透明に近いものほど、光を透過させやすく、輝きが強いためグレードが高くなります。
婚約指輪としては、D、E、Fくらいまでのグレードがよく販売されているようです。
カラット:CARAT(重量)
カラットは重さのことで、1カラットは0.2グラムとなります。 カラットはよく大きさと思われがちですが、正確には重さで表現されます。 (ただ、ダイヤモンドが大きくなって軽くなるというのはありえませんので、
大きさと同義だと思っても問題はありません) カラット数が大きいほど華やかでゴージャスな印象になります。
一般的に、婚約指輪として多く使われるのは、0.25カラットくらいから 0.5カラットくらいといわれ、そのくらいまでのグレードのものがよく販売されています。
クラリティ:CLARITY(透明度)

クラリティは透明度を表す尺度です。 自然のダイヤモンドには、中にどうしても内包物が入ってしまいますが、この内包物が 少ないほど光をスムーズに透過させ、強く輝くため、グレードが高いとされています。 内包物の数だけでなく、大きさ、色、場所等によってランク付けされています。


そのグレードの表し方は、最高ランクをFL(フローレス)、IF(インターナリーフローレス)といい、 これはダイヤモンドを拡大鏡で10倍にして見たときに内包物が1個も入っていないものをいいます。
続いて、VVS1・VVS2(10倍の拡大鏡でも発見が困難な極々微小な内包物が入ったもの)、 VS1・VS2(10倍の拡大鏡でも発見が困難な微小な内包物が入ったもの)、
SI1・SI2(10倍の拡大鏡では容易に発見できるものの、肉眼では発見が困難な程度の内包物が入ったもの)、 I1・I2・I3(肉眼で容易に発見できる内包物が入ったもの)、となります。
婚約指輪としては、VS2くらいまでのものがよく出ているといわれています。

カット:CUT(カット)

カットはダイヤモンドの形のバランスと、研磨の仕上げの状態を表す尺度です。 4Cのうち、カラー、カラット、クラリティは自然が決定するものですが、 カットは唯一、人の手が入るグレードでもあります。
バランスよくカットされたダイヤモンドは、広く光を集め、強く美しく輝きます。
カットのグレードは、最高ランクをエクセレントとして、ベリーグッド、グッド、 フェア、プアと5段階にわかれます。


カットの評価は、プロポーション(全体の形、角度など)、シンメトリー(対称性)、 ポリッシュ(研磨の良しあし)で評価されますが、それらすべてがエクセレントのものを
トリプルエクセレントと呼び、強い輝きを放つ最高のグレードとなります。
このなかから、婚約指輪としては、エクセレントからグッドくらいまでの グレードのものを選ばれる方が多いようです。


また、特殊なスコープでダイヤモンドを上から覗くと8本の矢が見えて、下から覗くと 8個のハートが見える・・・というダイヤモンドを「ハートアンドキューピッド」と呼びます。
これは、カットのプロポーションとシンメトリーが優れているダイヤモンドで見られ、
このロマンティックな現象から、婚約指輪のダイヤモンドとして最適といわれています。

その他の尺度(ブランドごと)

ブランドによっては、4C以外に独自の基準を設けているところもあります。

例えば、デビアスでは4Cのほかに、 ファイア(光の分散が生み出す美しい虹色)、 ライフ(ダイヤモンドを動かしたときに生じる閃光と煌めき)、 ブリリアンス(静止したダイヤモンドが白色光を反射して生む明るい輝き) という基準も設けられ、厳しくダイヤモンドが選別されています。


また、「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれるハリー・ウィンストンでは、 4C以外に5つめのCとして、ダイヤモンドの「キャラクター」を重視しているといいます。


「4C」と呼ばれるダイヤモンドのグレードは、たったひとつのダイヤモンドを選ぶ基準にはなりますが、
実際に選ぶときには、指にはめてみて、輝きや大きさを比べてみるのがオススメです。


また、どのグレードにこだわるかは人それぞれですが、 カラーやクラリティにこだわりすぎても、少しのグレードの違いは肉眼ではほとんどわからないことも多いですし、 カラットにこだわりすぎて他をおろそかにすると、大きいだけにその粗が目立ってしまったり・・・。
どのグレードもしっかりと見極めて、バランスのよいダイヤモンドを選びたいものですね。