marriageR

結婚指輪・婚約指輪に関するお役立ち情報を
満載してお届けする情報サイトです。

ダイヤモンドの選び方

現在はさまざまなデザインリングを婚約指輪とするカップルも増えていますが、 婚約指輪の主役はなんといってもダイヤモンド。
ここでは、ダイヤモンドの選び方について紹介します。

ダイヤモンドのシェイプーカットの種類

ダイヤモンド選びの際に、もうひとつおさえておきたいのがカットの種類。 ラウンド・ブリリアントカットが一番人気にして永遠の定番といえますが、 最近はその他のファンシーカットを選ぶ花嫁も多いようです。


ラウンド・ブリリアントカット
ブリリアントカットと呼ばれるカッティング技法で、丸形に仕上げたダイヤをいいます。
ダイヤの魅力を最大限に引きだす形といわれ、光を集めやすく、 中心から放射状に輝くのが特徴です。
最もポピュラーでスタンダードといえるカット方法で、飽きの来ない不変性も 魅力のひとつといえます。

ラウンド・ブリリアントカット以外のものはすべて、総称してファンシーカットと呼ばれることも。
プリンセスカット
真上から見ると正方形の形状になるブリリアントカットのひとつ。
カット面が細かく多いため輝きも強いですが、
反射光が細かく上品で落着いた感じがするカットです。
ただ、エッジがうすくカットされているのでとてもデリケートで欠けやすいといわれています。
エメラルドカット
その名の通りエメラルドの代表的なカットですが、ダイヤモンドにも使われ、角ダイヤとも呼ばれます。
上品で落着いた感じが好まれるカット。
テーブル面が広く、テーブル面の中が見えやすいため、内包物が多い石は
粗が目立ってしまうため、あまり適さないという面も。
オーバル・ブリリアントカット
真上から見ると小判のような楕円形にカットされたブリリアントカットのひとつ。
曲線が柔らかく、上品で落ち着いた雰囲気とも言われます。
ダイヤ以外に、カラーストーンのカッティングとしてもよく使われ、クラシックなイメージが魅力です。
ペアーシェイプ・ブリリアントカット
上から見ると楕円形の片方が尖っている形のブリリアントカットのひとつ。
西洋梨の形に似ている事から付けられた名前で、涙の形に似ていることからティアドロップとも呼ばれます。
ダイヤ以外のカラーストーンにもよく使われるカット。
ハートシェイプ・ブリリアントカット
その名のとおり、上から見るとハート形のブリリアントカットのひとつ。
贅沢なカットを施すため、カット可能な原石は少ない。また、カット技術も必要なため
希少価値は高めです。
ロマンチックなフォルムからアメリカやヨーロッパで特に人気が高いカット。