marriageR

結婚指輪・婚約指輪に関するお役立ち情報を
満載してお届けする情報サイトです。

ストーン一覧

婚約指輪に使われるストーン

婚約をした際、男性から女性へ結婚の約束として贈られるのが婚約指輪。 ほぼ9割ものカップルが、この婚約指輪にセットするストーンには ダイヤモンドを選んでいます。

ですが、少数ではあるものの、ダイヤモンド以外、例えばパールや誕生石などの ストーンを選ぶカップルもいらっしゃいます。

日本ではダイヤモンドを選ぶカップルが圧倒的多数ではありますが、 海外ではダイヤモンドでなく家に代々伝わるカラーストーンを加工したり、 婚約者を守ってくれる誕生石を選ぶという方もいるようです。

一度先入観を捨て、婚約指輪には何がふさわしいか、ふたりで考えてみるのも良いかもしれませんね。 ここでは、ダイヤモンドを含む、婚約指輪に使われるストーンをいくつか紹介します。


ダイヤモンド
婚約指輪に使われるストーンとしては、永遠のスタンダード。 世界で一番強い石であることから、大切な婚約者を結婚までの期間守ってくれる 「お守り」として贈られるようになったのがその始まりのようです。 また、無色透明の輝きが「純潔」を意味するとも言われ、まさに花嫁にぴったりのストーンといえます。 結婚を決めたカップルのほとんどが婚約指輪に選ぶのが、このダイヤモンド。
プリンセスカット
真上から見ると正方形の形状になるブリリアントカットのひとつ。
カット面が細かく多いため輝きも強いですが、
反射光が細かく上品で落着いた感じがするカットです。
ただ、エッジがうすくカットされているのでとてもデリケートで欠けやすいといわれています。
誕生石
誕生石はその人を守護する石といわれ、身につけることで幸運を呼ぶという言い伝えが あります。 このことから、婚約指輪に誕生石をセレクトするカップルも。 また、ダイヤモンドと誕生石など、メインストーンに添える形で使用する方も多くなってきています。
パール
やわらかいホワイトが年齢を問わず似合うパールを、婚約指輪としてセレクトするカップルも。 結婚するとパールのネックレスやピアスをそろえる方は多いと思いますが、 リングもパールのものを持っていると、合わせやすく出番は多くなります。 控えめで品の良い輝きは、何年たっても色あせることのない魅力です。
エメラルド
日本の女性たちの間で根強い人気を得ているストーンが、エメラルド。 日本人の黒髪によく合い、さまざまな洋服だけでなく和服とも似合うのが人気のポイント。 また、落ち着いたグリーンは年齢問わずマッチすることから、一生ものとして選ぶ 婚約指輪にはぴったりといえます。 宝石言葉は「幸運」。婚約したふたりの将来にとっても、縁起の良いカラーストーンです。
ブルーサファイア
穏やかで深い青色を持つブルーサファイアは、婚約指輪にふさわしいカラーストーン。 青は忠実・信頼を象徴とされる色といわれ、また、青い色のものを身につけて 結婚すると幸せになれるという「サムシングブルー」の言い伝えにもかなっています。 ダイアナ妃がチャールズ皇太子から送られた婚約指輪も、ブルーサファイアだったことが有名です。

素敵な夜はラ・スイートで!!

宿泊するならラ・スイート
特別な夜はラ・スイートで過ごして見ませんか?神戸の素敵な夜を過ごしてみるのも、大人な遊び…。 神戸ラ・スイートではいろいろな宿泊情報ネットに掲載されているので、予約はもちろんのこと、お得な情報が満載されています! なのでチェックしてみる価値ありなので 早速一休ラスイート情報をチェックしてみよう!