marriageR

結婚指輪・婚約指輪に関するお役立ち情報を
満載してお届けする情報サイトです。

結婚指輪・婚約指輪に関するトラブルやアフターケア

結婚指輪・婚約指輪に関する購入後のトラブルやハプニング、アフターケアについても知っておく必要があります。
結婚や婚約の記念として「一生モノ」を選ぶ、結婚指輪や婚約指輪。
ふたりの愛の証として 一生大切にしたいものですが、購入後に「困った!」と思うアクシデントがないとは言い切れません。
ここでは、購入後のトラブルやハプニング、それに対する対処法について、代表的なものを紹介します。


サイズが合わなくなってしまった

サイズが合わなくなった場合は、思い切ってサイズ直しをするのがオススメです。
婚約・結婚した時より太ってしまった、またはやせてしまった、という理由で
せっかくの指輪がタンスのこやしになってしまっている・・・という夫婦は意外と多いようです。

特に、結婚式に向けてキレイにドレスを着るために、ダイエットに励む女性は多いもの。
結婚してしばらくたち、指輪がきつくなってはずしてしまった、というケースも多いようです。
こうした問題の解決は簡単。思い切ってサイズ直しをしてしまえばよいのです。

「サイズを直したあとにまたヤセたら・・・」 「別の指につけることもできるから・・・」などと思う方もいるかもしれませんが、
思い切って今のサイズに直してしまったほうが、活用の幅は広がるはずです。

サイズ直しの方法は、購入したショップに相談してみるのが一番良いでしょう。
ブランドやショップによっては、アフターサービスとしてサイズ直しを無料でやってくれるところも多くあります。
購入時には、こうしたアフターサービスの充実度も加味して選ぶと良いかもしれませんね。

ただし、注意したい点としては、デザインなどによってはサイズ直しが難しい指輪もある、ということです。
たとえばフルエタニティの指輪を選んだ場合、アームの外側にぎっしりとダイヤモンドが
留められていますので、基本的にサイズ直しはできない場合が多いようです。

また、プラチナとゴールドのコンビなど、地金を複数使っている指輪や、アーム全体に
デザインが施されているデザインでは、サイズ直しが難しい場合が多いです。
一生使い続ける指輪として、サイズ直しのことも視野に入れるなら、こうしたデザインは避けたほうが無難かもしれません。

結婚指輪・婚約指輪が盗難に遭った

次に、指輪が盗難に遭ってしまった、という場合。 婚約指輪はとても高価なものですが、装飾品なだけに気軽に外したり置いたりしてしまう 方は意外と多いようです。

ですが、特に外出先では「肌身離さず」が基本。さまざまな心配をしはじめればきりがありませんが、
自宅でも鍵のかかるアクセサリーケースや、すぐに見えない場所を定位置にするなど、
保管は気を抜かずにしたいものですね。

それでも盗難に遭ってしまった場合は、入っている保険などによる補償がないか、
一度確認してみると良いでしょう。
購入時に料金をクレジットカードで払った場合は、付帯保険を調べてみるのもひとつです。
盗難に遭った状況にもよりますし、指輪がどのようなものかにもよりますので、 補償されるかどうかは、一概にはなんともいえません。

そして、選んだ指輪そのものがかえって来ない限り、悲しい気持ちはなくならないと
思いますが、少しでも経済的な負担がないよう、保険などは必ずチェックしてみるのが
良いと思います。

また、ブランドによってはダイヤモンドにレーザー刻印を入れられる・・・なんて
サービスがあるところもあります。
万が一、こうした盗難などに遭った場合、その後出てきたときに自分の所有権を
主張できるので、検討してみても良いかもしれません。

指輪がゆがんでしまった、爪がゆるくなった

次に、指輪が盗難に遭ってしまった、という場合。 指輪がゆがんでしまった場合や、爪がゆるくなってダイヤモンドがカタカタゆれる 場合などは、早めに修理をするのが大切です。

爪がゆるいまま放っておくことで、ダイヤモンドを紛失してしまったら大変ですよね。
また、ゆがみのためにダイヤモンドの固定がゆるくなることもありますので、
気づいたらなるべく早く修理をするほうが良いでしょう。

修理方法としては、購入したショップに持っていくのが一番良いですが、近くにない
場合などは、貴金属のリフォームのお店などでも対応してくれるところがあるようです。

こうした修理などのアフターサービスは無料で行ってくれるところ(といっても、
回数に制限はあるかもしれませんが)や、有料で行ってくれるところなど、
ショップによって対応が分かれるところです。
可能ならば、購入時にこうしたアフターサービスの有無も確認しておきたいですね。

指輪が汚くなった、ダイヤモンドが曇っている

以前より指輪に曇りがかかっている、ダイヤモンドの輝きが落ちた・・・そんなお悩みを
持つ方は、指輪のクリーニングをしてみると解決するかもしれません。

結婚指輪・婚約指輪として多くの方が選ぶプラチナは長期にわたって白く輝く素材ですが、
皮脂や化粧品などがつくことで透明感を失ってしまう場合があります。
これはダイヤモンドにも共通で、定期的にクリーニングすることで、いつまでも美しい
指輪を保つことができます。

自宅でクリーニングするのもひとつの方法ですが、購入したショップに持って行って
クリーニングしてもらうのがオススメの方法です。 その際に、爪が外れかけていないか、など指輪の状態も確認してもらえるでしょう。
こうしたクリーニングはアフターサービスとして無料でやってくれるショップも多いので、
購入時には確認しておくのがオススメです。

全国展開のブランドなら、全国どの店舗でも受け付けてくれて便利なところもあります。
いわゆる転勤族の方など、住居が移る可能性のある方は、こうした全国展開のブランドを
選ぶなど、購入後のアフターケアについても考えておくと安心ですね。